大人の虫歯と矯正歯科

大人の虫歯と矯正歯科について

大人の矯正歯科(虫歯に注意)

笑った時にちらりとみえる綺麗な歯並び。歯並びが悪いと見た目だけでなく、健康にも影響を及ぼすことが良く知られています。きれいな歯並びだと、他人から褒められたり自分に自信が持てるようになります。矯正歯科というと、子どもの頃から長く治療しなくてはいけなくて、大人になってから治療するのは遅いもしくは不可能だと思われがちなのですが、大人になっても十分間に合います。矯正歯科に通うに当たって注意しなくてはいけないのは虫歯。ブラケットなどの金属を歯に固定しますので、よごれがたまりやすく虫歯になりやすいです。歯科医師とよく相談してから治療に取り組みましょう。

大人になってからの歯列矯正

歯列矯正は永久歯が生えそろった小学校高学年から中高生が多いです。しかし、成人になってからでも歯列矯正のために矯正歯科を訪れる人はいます。成人していない子供の顎はいくら永久歯が生えそろっていても成長しますからせっかく矯正してもまた動くことがあります。その点、大人の場合は顎の成長がストップしているので動く可能性は低いです。しかし、子供よりも歯茎が固まっているので装置を付けている期間が長くなります。つまり、歯が動きにくいと言うことです。矯正歯科は子供が多く大人は抵抗があるかもしれませんが歯並びで顔の印象が変わりますから積極的に矯正されることをお勧めします。

↑PAGE TOP