矯正歯科と親知らず

矯正歯科と親知らずについて

大人の矯正歯科治療と親しらず

歯並びは顔の中でも特に重要なパーツであると言えます。目に次いで歯は目立つ個所であり、その人の印象を大きく左右するものとなっています。そのため大人になってから顔の印象がコンプレックスで矯正治療を始める人がいます。しかし大人は顎が形成され完成しているのでそれ以上顎のキャパシティが広がらず治療するうえで親しらずを抜歯する必要が出てきます。抜歯しなければ部分的な矯正歯科治療しかできないケースもあります。そのため矯正歯科治療は子供の頃から早期に行っておくのが理想的であると言えます。そうする事で子供の正しい顎の発達も見られます。

大人で歯並びを綺麗にするには

歯並びが気になって、笑顔になるのが苦手という人もいます。矯正歯科では大人でも問題なく歯並びを治すことができます。治療には長期間掛かるのですが、目立たないようになっているので、周りに知られずに歯並びを治すことが可能になっています。治療の方法も複数あるので、自分に合ったものを選ぶと良いです。大人が矯正歯科で治療をする場合には、歯の裏側にワイヤーを通すインコグニートと呼ばれる治療方法もあるので、見た目が気になるという人も自然に綺麗になることができます。年単位という期間でも負担に感じずに治療ができます。

↑PAGE TOP